私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(その他各国情報)

[意匠/WIPO]<コラム>「Hague Yearly Review 2017」から見るハーグ出願の利用状況

創英でもハーグ出願(ハーグ協定に基づく意匠の国際出願)を扱う機会が増えてきました。そこで、国際知的所有権機関( …

[商標/タイ、インドネシア]タイ及びインドネシアがマドリッド協定議定書に加盟 ~ASEANで7番目、8番目の加盟国に~

タイがマドリッド協定議定書(マドプロ)の加入書を世界知的所有権機関(WIPO)に2017年8月7日に寄託し、1 …

[特許/インド]コンピュータ関連発明の審査ガイドラインが公表される ~2015年以降で3度目の公表~

インド特許意匠商標総局(CGPDTM;以下、インド特許庁)は、コンピュータ関連発明(CRIs)の審査ガイドライ …

[特許・商標/ブラジル]審査遅延の解消に向けた取り組みが続く ~産業財産庁行動計画2017及び最近の施策について~

関連記事に示した既報でも取り上げたように、ブラジルでは特許審査ハイウェイ(PPH)、グリーン特許プログラムの恒 …

[特許・商標/東南アジア、インド、ブラジル、メキシコ等]<コラム>新興国における知的財産制度の整備状況を知るには?

10年以上前まで遡ると、新興国の知的財産制度に関する情報が不足しているとの声は良く聞かれましたが、近年は、下記 …

[商標/インド]改正インド商標規則、2017年3月6日施行

インド商工省産業政策推進局(DIPP)は、2017年3月6日付けで2017年商標規則(Trade Marks …

[特許/ベトナム、台湾、ブラジル、アルゼンチン]特許審査ハイウェイ(PPH)に関する最新動向(2017年3~5月)

既報では、ブラジルにおける「グリーン特許プログラム」の恒久化をはじめとして南米諸国における審査早期化に関する施 …

1 2 3 17 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.