私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(米国情報)

[意匠]米国意匠出願における優先権の回復

意匠ではパリ条約による優先権主張を行うことができる期間は、第一国出願から6月である(パリ条約4条C(1))。通 …

[特許]米国特許訴訟の提起件数、2016年は大幅減 ~USPTOの当事者系レビュー申立件数は微減~

依然としてNPE(Non-Practicing Entity;不実施事業体、「パテント・トロール」としばしば同 …

<コラム>マドリッド・モニター

既報のコラム「各国特許庁/機関提供の知財関連情報」では、各国特許庁・機関から提供されている知財関連情報をご紹介 …

[特許] <コラム>USPTOによる審査関連施策の現況 ~早期審査関連と最終拒絶後の選択肢について~

米国特許商標庁(USPTO)では、特許出願の審査促進に関する様々な取り組みを行っており、特設ページ「USPTO …

1 2 3 20 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.