私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(米国情報)

[特許・意匠・商標]ホワイトハウス、次期USPTO長官候補者にAndrei Iancu氏の指名意向を表明

2017年6月にMichelle K. Lee氏が辞任したことにより空席となっていた米国特許商標庁(USPTO …

[特許]当事者系レビュー、差止請求権等に関する米国特許法改正案が上院に提出される

アメリカでは、連邦最高裁が当事者系レビュー(IPR)の合憲性について審理することを2017年6月12日に決めた …

[商標]連邦最高裁判決を反映した商標審査ガイダンス公表

ロックグループの名称である「The Slants」を巡って争われたMatal v. Tam連邦最高裁判決におい …

[特許]米国連邦最高裁、当事者系レビュー(IPR)に関する2件の審理開始を決定 ~IPRの合憲性も審理へ~

米国連邦最高裁は本会期(October Term 2016)において、知財関連では2017年6月末までに特許訴 …

[特許]米国特許法101条を巡る状況(2017年1~5月) ~「特許適格性あり」の新たなCAFC判決も~

抽象的アイデア(abstract idea)については進展が続いていた米国特許法101条の特許適格性(保護適格 …

1 2 3 21 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.