私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

業務内容(事務スタッフ)

創英の事務スタッフの仕事内容には、(1)日本の特許庁に手続をする国内事務業務、(2)外国の特許庁に手続をする外国事務業務、(3)経理・総務事務を行う業務があります。

特許事務とは国内事務業務外国事務業務経理・総務事務業務

特許事務とは

特許事務所には弁理士の他に、事務所の様々な業務を支える事務スタッフがいます。
事務スタッフの仕事は主に特許事務と呼んでいます。

では、特許事務とはどういった仕事なのでしょうか。
簡単に言うと、知的財産権に関する各種手続を行う仕事です。
例えば特許であれば、特許庁に提出する書類の準備、書類発送の手配や提出物等の期限管理など、特許に関する様々な事務作業すべてを行います。語学力があれば外国の企業からの日本出願、日本企業の外国出願などグローバルな仕事に携わることができます。

所属部署によって、仕事範囲は異なります。例えば、国内業務推進部では日本の特許庁への手続に関する業務、外国業務推進部では世界各国の特許庁への手続に関する業務、商標管理部では商標に関する業務全般などです。

特許事務の経験がなくても、一般的な事務作業からスタートし、徐々に知的財産に関する知識を身に付けることで、特許事務という専門事務を扱うスタッフにステップアップすることができます。

特許事務を扱うスタッフになるために必要な資格や決められたスキルは特にありませんが、知的財産法の知識を持っている人はスムーズに就業できるでしょう。また、昨今における企業のグローバル化により、外国での知的財産権に関する業務が増えているため、所属部署によっては英語等の語学力を活かせる機会も多くなるでしょう。

以上のように、特許事務を扱うスタッフとして経験を積むことにより、特許出願など知的財産法に関する専門知識をより深めることができますし、また海外とのやりとりがある部署に配属されれば、英語等の語学力アップも期待できます。

国内事務業務

国内事務の仕事は、主として国内および海外のお客様が、 日本の特許庁へ手続するケースを取り扱います。
主として、特許庁への提出書類の準備及びオンラインによる手続、また、国内および海外のお客様との書類のやりとり、 データによる期限管理といった業務を担当致します。

外国事務業務

外国事務の仕事は、国内のお客様が、 外国の特許庁へ手続するケースを取り扱います。主として、外国における知的財産権(特許・意匠・商標)の取得のために必要な手続を行います。具体的には、 各国の代理人に送付する英文レターを作成したり、特許出願に必要な書類を準備したりします。日本企業の海外戦略は、 海外での特許権や商標権の取得を抜きにして語れません。

創英は、 世界的な著名ハイテク企業から新進気鋭のベンチャー企業に至るまで、100社以上の日本企業を顧客として、欧・米・ アジア等に向かって先進の海外特許・商標業務を展開しています。

経理・総務事務業務

私たち「創英」は、200名余のスタッフを抱える特許法律事務所です。福利厚生も充実しています。「創英」という企業の情報発信をはじめとして、総合的な企画をしつつ、所内的には、全スタッフのサポートをしています。

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.