私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

グループリーダーT君の一日

9:30 始業

メールチェック。
今朝から、システム部門に組んでもらったツールの稼動状況が、自動的にメール通知されるようになった。まだ抽出条件が甘いので、グループのKさんにシステム部門と調整するよう指示。

groupleader1

10:30 月例会議

今日は、特許担当者、システム担当者と月例会議。
お客様や海外の特許事務所の傾向について報告が上がる。遠慮なく疑問や懸念をぶつけることができるのが創英の持ち味。
自分の発言をきっかけに議論の方向性の軸がみえてきたので、座長の副所長から次回会議までの検討課題が各部門に課される。

groupleader2

11:45 ランチ

他部門の状況ヒアリングを兼ねて、他グループリーダーのY君を誘う。
Y君は朝型に切り替えていて、ONもOFFも成果を上げている。自分も見習わねば。

groupleader3

14:00 来客

他グループでは以前から取引があったが、自分のグループでは初めてのお客様。事前に担当弁理士、他グループのリーダーにヒアリングし、お客様の傾向をつかんでおく。
グループでの管理手法、IT活用例を披露したところ、好感触。改革の道筋が間違っていなかったことを実感。

groupleader4

16:00 手続きチェック

溜まっていたメールや手続き書類の最終チェック。
また、グループのEさんより、お客様から新法対応に関するお電話があり、対応報告を受ける。法律だけでなく規則、基準、運用に至るまでのフォローは大変。それでも、取り組んでもらった先日の検討会の内容を踏まえ、お客様ニーズを捉えた応対をしてくれた。

groupleader5

17:45 終業

ご来所頂いたお客様へ御礼メールを取り急ぎ簡潔に送信。頂いた宿題について、同席したグループのAさんに方針を示し、検討を指示。
今日は毎週水曜恒例のフレッシュアップデーに、公認サークルのフットサル。ちょっと久々になってしまったが、どうにか足は付いていったと思う。まだ週半ばだから、打ち上げでの飲み過ぎに注意しないと。

groupleader6

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.