私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

業務内容(意匠)

創英の意匠業務の特徴の一つは、意匠専門のスタッフを中心としてサービスを提供している点です。
経験豊富な意匠専門スタッフが、国内・国外におけるお客様のデザインの保護を的確にサポートします。

1.意匠保護の相談2.意匠調査3.出願4.中間処理5.無効審判等6.鑑定

1.意匠保護の相談

意匠の専門家として、創作特徴の発掘・整理から有効な出願の提案まで、お客様の要望に応じて対応します。
意匠登録の対象となる創作がなされた場合、これらには、装飾的な意味を強調した意匠や機能的特徴が外観形状として表れた意匠、全体の造形バランスに優れた意匠、今後の商品展開の核となる特徴部分を備えた意匠等、さまざまなものがあります。そして、その保護のためには、具体的内容に応じた適切な方法を検討する必要があります。創英では、意匠スタッフが、それぞれの意匠の創作背景やデザイン的特徴、お客様が特に守りたい部分等を理解しながら、お客様のニーズに応じた最適な対応をしています。
また、意匠法による保護のみならず、著作権法や不正競争防止法を踏まえた検討や、特許・商標・法務の各部門と連携したデザインに関する総合的な知財保護のサービスを提供します。

2.意匠調査

  1. 登録意匠調査

    先行登録意匠を調査します。主な目的は、開発した製品を製造販売する場合に障害となる登録意匠が存在するか否かのクリアランス調査や、意匠出願に際して出願のしかた(部分意匠の対象範囲をどうするか、関連意匠をどのように組むか、等)を検討する際の参考情報を得ることです。

  2. 無効資料調査

    他人の登録意匠を無効にしようとする場合や、権利化業務(出願内容の検討や意見書・審判の起案等)において従来意匠等を把握する場合などに、公知資料の調査をすることがあります。 お客様から頂く情報や過去の経験を参考にしながら、一般誌や業界誌、学術論文その他諸々の資料を対象として調査を行います。

  3. その他

    お客様のご要望に応じて、各種調査(ウォッチング、ライバル企業の登録例の把握等)を行います。

3.出願

  1. 国内意匠出願

    創英では、保護を受けようとする意匠の特性に応じて、お客様とのコミュニケーションを通じてより付加価値の高い権利化のお手伝いをしています。お客様とのコミュニケーションは、直接お会いして面談をすることはもとより、テレビ会議システムを利用した打ち合わせも活用しています。お客様のニーズは、例えば、他社を強力に排除すること、とにかく実施物の意匠権を確保すること、今後長期間の自社のデザイン展開に対応すること、等といった具合に多岐にわたり、その状況に応じてさまざまな出願方法を取り得ます。よって、意匠出願に際しての知財部員や創作者との意見交換は、権利の内容を左右する非常に大事なものです。
    創英は、打ち合わせ等によってお客様の意向を理解した上で、有効な出願のバリエーションを提案し、お客様の要望に見合った意匠出願のお手伝いをします。

    出願書類の作成においては、個々の事案に応じて物品や形態の開示表現を行います。適式な手続きの遂行は、特許事務所の根幹をなす業務であり、そのためには、法令やガイドライン等をしっかり押さえておくことや、図面を正しく理解すること、意匠を客観的に特定できることが必須です。創英では、意匠法の改正や審査基準の変更があるたびに、その改正内容を研究し、実務にいかに反映させるべきかを詳細に検討しています。また、その結果を全ての意匠スタッフにフィードバックすることにより、改正・変更事項が適切に反映された出願書類の作成を可能にしています。

  2. 外国意匠出願

    創英は、各国の現地代理人との密接な協力関係のもと、きめの細かい高品質な外国意匠出願サービスを提供しています。 意匠の分野は、特許や商標と比較して国際的な制度の調和が遅れており、各国ごとに制度が大きく異なります(部分意匠制度のある国/ない国、画像デザインを保護できる国/できない国、1意匠1出願の国/複数意匠1出願の国、等)。よって、意匠担当者は、各国の制度や実務についての知識をもち、それぞれの状況に応じた対応をすることが求められます。

    そこで、創英意匠部門では、保護を求める国に応じた最適な権利化、スムーズな手続き進行をするための多様なノウハウを有して、より高度な外国意匠出願サービスを指向しています。また、今年から日本もハーグ協定に加盟しますが、そのような制度改正にも素早く対応し、お客様によいサービスを提供できる体制を作っています。

    創英は欧米や中国・韓国のみならず、東南アジア、インド、南米等の世界各国における意匠出願の実績を有しており、各国の現地代理人との密接な協力関係のもと、それぞれの国の法律・実務に適した知的財産の取得、実施、保全のサポートを行います。また、創英は所内に英語圏や中国、韓国のネイティブスタッフを擁しており、必要に応じてネイティブスタッフの協力を得て、各国実務や現地代理人とのコミュニケーションの強化に努めています。

4.中間処理

主に、拒絶理由や拒絶査定に対して、意見書や審判請求書において出願意匠の登録性を主張します。また、補正手続きによって拒絶を解消することもあります。いずれも、先行意匠との関係やお客様の意向を確認しながら、意匠のプロとしての起案を行います。審判案件を中心に、創英独自の「三人寄れば文殊の智恵」システムを導入して、最も効果を挙げられる意見書や審判請求での主張をできるようにしています。
さらに、所内において、審判・裁判例の研究や最新実務の修得のための勉強会を頻繁に開催し、意匠スタッフのスキルアップを図っています。

5.無効審判等

創英では、無効審判等においても、「三人寄れば文殊の智恵」システムという、新しい実務処理手法を“制度”として取り入れています。
また、特許法律事務所の特徴を最大限に生かして、侵害訴訟対応を含めたワンストップサービスを実現しています。

6.鑑定

裁判等の係争事件や審判、税関差止等で数多くの経験を積んできた意匠シニアアドバイザーを中心として、経験豊かな弁理士が各種鑑定に対応します。また、特許庁出身の顧問によるアドバイスも有効に活用しています。

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.