私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

人財育成(意匠)

新人叩き上げメソッド

創英では、
「事務所つくりは人つくり」
の観点から、新人叩き上げメソッドが整備されています。

新人叩き上げメソッドとは、創英独自のトータルな知財実務力開発メソッドのことをい指します。このメソッドは、知財実務力の向上と共に自己実現のサポートを可能とする総合的な教育手法であり、単なる意匠実務の新人研修を超えて、さらなるステージへの展開をサポートするものです。

具体的には、以下に示す事務所の仕組みとしての人財育成に取り組んでいます。

Ⅰ. 事務所の仕組みとしての人財育成
Ⅱ. 多岐にわたる人財育成プログラム
Ⅲ. スキルアップをサポートする所内IT技術

 

この新人叩き上げメソッドは、向上心を持って意欲的に取り組む者にとって相乗的な効果を見込むことができるように、創英が提供する仕組みです。言うまでもなく、この仕組みを活かすも活かさざるも、ご自身の取り組み次第である点は、十分留意ください。

ここで、知財実務力を好適に身につけるためには、

  1. バックグラウンド
  2. 意欲
  3. 環境

の、3つの条件が必要です。上記Ⅰ~Ⅲの仕組みは、有機的に結びついてこれらの条件を満たすように働くことでしょう。

 

1 バックグラウンド

第1は、各法域で知財実務力を支えるバックグラウンドです。

意匠担当者については、特にそのバックグラウンドは問いません。学力としては4年制大学卒業程度であれば十分です。現在の意匠部門のメンバーの出身も工学部、法学部、造形学部、文学部等々さまざまです。

どのようなバックグラウンドであれ、意匠の仕事においては、法律はもちろん、図面の見方や文章表現、お客様商品に関する知識を身に付けることは必須です。よって、入所後であっても、これらについて絶えず自分を高めていくことが重要です。その上で、各人のバックグラウンドも、それぞれの業務においてきっと役立つことでしょう。

 

2 意欲

第2は、知財実務力を身につけたい、という希望と意欲をもっており、かつ、もち続けられることです。
もし貴方が知財の世界に入った場合に、まずは、貴方自身において、この希望と意欲を持続させる必要があります。 次に、貴方自身が、希望と意欲を持続できる環境に恵まれることが必要です。

 

3 環境

第3は、知財実務力を身につける職場や訓練所に恵まれることです。
独学、独習で知財実務力を身につけることは事実上、不可能です。
例えば・・・

  • 知財実務家を育てる意欲のない職場、
  • 育てる意欲はあっても育てる仕組みや環境が整っていない職場、
  • 知財実務の経験者(即戦力?)を集めて稼がせるだけの職場、

等で知財実務力を身につけることはかなり困難です。

やはり、知財に関する実務力を身に付けるためには、情報を収集・共有していく環境において、先輩の指導を受けながら自らも考えを重ねて、自分を高めていくことが重要です。

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.