私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

求める人材(意匠)

私たちの燃える思いに共感できる方であれば、実務経験は問いません。

国内外意匠実務のプロフェッショナルになるための努力を惜しまず、弁理士として活躍しようという意欲に燃えている方を求めています。全くの未経験者も歓迎します。また、企業の製品開発、試作・設計、知財部等の経験や英語等の外国語力がある方は、それらを大いに活かして下さい。

創英の意匠部門の仕事は、お客様のニーズや意匠の特徴を的確に掴み、お客様に対して、専門家としてのサービスを提供するものです。中心となる権利化業務では、その意匠の有する状況(先行意匠の存在や今後のデザイン展開等)を客観的に理解し、部分意匠や関連意匠などの実務を駆使した戦略的な権利取得を検討し、お客様のニーズにマッチした提案をします。
そのためには、物の形の把握(空間把握)の素養があり、物事を客観的に判断できることが必要です。また、お客様の財産を預かる代理人として、責任をもって手続きを遂行することも求められます。
また、お客様の意向を正しく理解し、さらに、お客様に対してきちんと説明をできることが重要です。
そして、何より、内外国の意匠実務の専門家として、お客様のご期待に応える仕事をする意欲があることが重要です。

“創英” は

創業以来、着実に進化しつづけ、今では20~40代の新進気鋭の人材が各分野で活躍する「知財の匠」集団に成長しました。これは、創英で知財実務家としての道を歩みはじめた新人たちが、先輩たちの厳しくも暖かく、思いやりに満ちた指導を受けながら日々研鑽に努め、長所を最大限に伸ばす努力をしてきた結果です。

“創英” は

自分がなりたい自分になること(自己実現)をめざす人たちの集団でありたい、と思っています。

“創英” は

意匠実務のスキルの研鑽・獲得に努力する人たちを、物心の両面からトータルに支援していきたい、と思っています。

“創英” は

自己実現を達成するための努力を惜しまない人たちが、意匠実務のスキルを身につけ、知見・識見を獲得して、知財のエキスパートに成長していくステージでありたい、と思っています。

そして “創英” は

所期の目標を達成した人たちが、さらに次の目標をめざして少しずつでも着実に努力していく、そういう夢を持った人たちによる、世界トップクラスの「知財の匠」集団になりたい、と思っています。

 この燃える思いに共感できる方、私たちと一緒に「知財の匠」をめざしてみませんか!?

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.