私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

業務内容(商標)

1.国内外の商標調査2.国内外の商標出願手続の代理(出願、意見書等中間処理、審判)3.商標権侵害に関する相談、警告、訴訟提起等4.その他、模倣品対策、税関登録等の商標関連業務

1. 国内外の商標調査

お客様が採択を希望される商標について、出願前に登録可能性や安全に使用できるかの調査、分析を行い、事務所としての見解を出します。この見解に従ってお客様は商標を決定し、ときには登録前から使用を開始されることもあるので、特に慎重な判断が求められる業務です。海外商標の場合は、各国の法律事務所と連携します。

2. 国内外の商標出願手続の代理(出願、意見書等中間処理、審判)

お客様が登録を希望される商標の出願手続きをお手伝いします。特に、使用される予定の商品及び役務の内容をしっかり把握し、それを実務上の区分や表現に落としこんでいく作業が大事になってきます。先願主義ですから、スピードも問われます。万が一、拒絶理由通知を受け取った場合には、その内容を分析し、お客様と話し合いながら、意見書や補正書提出、ときには審判や訴訟提起まで、最適な対応を取ります。海外商標の場合は、各国の法律事務所と連携します。

3. 商標権侵害に関する相談、警告、訴訟提起等

お客様の商標権が侵害されているような事態について対策を相談されることも多く、所内の弁護士とも連携しながら、警告書の送付や侵害訴訟の提起を行います。逆に、お客様がそのような警告等を受けた場合には、本当に侵害が成立するか等を検討し、相手方に応答するお手伝いをします。

4. その他、模倣品対策、税関登録等の商標関連業務

将来的な侵害行為を予防するため、日本及び海外の税関当局に取締りを申請したり、すでに発生している模倣品被害については行政当局等を通じて模倣品の摘発や押収を行います。

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.