2011年11月7~10日にパリ近郊で開催された日米欧の三極特許庁による会合において、CCD(Common Citation Document:共通引用文献)のサービス開始が報告された。

本サービスのユーザーは、三極特許庁に出願された出願の出願番号等を入力することで、ファミリーについて各庁の審査で引用された文献のリストを一回のアクセスで取得することができる(韓国や中国への拡大も検討中)。

ウェブサイトのアドレスは、http://www.trilateral.net/ccd

米国においては、このCCDを活用することでIDS(情報開示陳述書)に係る様々な負担を軽減するような制度の導入が期待されている。

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許]<コラム>USPTOによる審査関連施策の現況 ~早期審査関連と最終拒絶後の選択肢について~ 2016-11-14
知財トピックス(米国情報)[特許・意匠]米国特許商標庁、「AFCP 2.0」の試行期間を延長、「QPIDS」は恒久化なプログラムに ~両プログラムに関する統計データから見える運用の実情とは?~ 2017-11-06(2018-09-29タイトル更新)
知財トピックス [特許/米国]米国特許商標庁、情報開示義務関連の取組みを相次いで発表 ~QPIDSを恒久化、2018年11月からはRelevant Prior Art Initiativeを開始~ 2018-11-21

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。