米国特許商標庁(USPTO)は、After Final Consideration Pilot 2.0(AFCP 2.0)及びQuick Path Information Disclosure Statement(QPIDS)の試行期間を2014年9月30日まで延長した。

AFCP 2.0は、ファイナルオフィスアクションへの応答に対する審査官の考慮を促進するためのパイロットプログラムであり、QPIDSは、登録料(Issue Fee)支払後に所定の要件下でIDS提出を認めるパイロットプログラムである。両パイロットプログラムは、AFCP 2.0の前身であるAFCPを含めると、2012年上半期の試行開始からすでに1年半以上が経過している。

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許]<コラム>USPTOによる審査関連施策の現況 ~早期審査関連と最終拒絶後の選択肢について~ 2016-11-14
知財トピックス(米国情報)[特許・意匠]米国特許商標庁、「AFCP 2.0」の試行期間を延長、「QPIDS」は恒久化なプログラムに ~両プログラムに関する統計データから見える運用の実情とは?~ 2017-11-06(2018-09-29タイトル更新)
知財トピックス [特許/米国]米国特許商標庁、情報開示義務関連の取組みを相次いで発表 ~QPIDSを恒久化、2018年11月からはRelevant Prior Art Initiativeを開始~ 2018-11-21

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。