私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 月別アーカイブ: 2015年10月

月別アーカイブ: 2015年10月

平成27年1月1日施行相続税法改正

    1.相続税の計算手順 相続税は、次の手順で、計算されます。 ① 相続財産の額を計算 …

特許行政年次報告書2015年版 ~知的財産に関する多数のコラムも掲載~

日本特許庁は例年5~6月頃に特許行政年次報告書を公表している。その内容はきわめて多岐に渡り、統計情報だけでなく …

<コラム>特許出願の願書に記載する「発明者」についての注意点

特許出願を行う際、願書の「発明者」欄に誰を記載するかは、ともすると軽視されがちですが、法務リスクを生じる恐れも …

[特許]米国CAFC大法廷、”means”の文言がないミーンズ・プラス・ファンクション・クレームについて判断 

(※2019年1月4日付けでUSPTOより公表された新ガイダンスについてはこちら及び【参考】を参照) Will …

[特許/EP]規則71(3)の改正によるWaiver ~許可予告後の補正または訂正に関する手続の簡素化が可能に~

欧州特許出願では、審査部が特許付与の意図(許可予告または規則71(3)の通知とも呼ばれる)を出願人に通知すると …

[特許/韓国]英語での弁論を認める「国際裁判部」を特許法院に設立へ

2015年8月17日、韓国大法院(最高裁判所に相当)の傘下に設けられた「知識財産権(IP)ハブコート推進委員会 …

[特許/韓国] 韓国大法院、「用法や用量を変えてなる医薬品も特許対象となり得る」との判断を示す

韓国大法院(最高裁判所に相当)は、医薬用途発明の新規性及び進歩性の判断において、投与に関する用法や用量が発明の …

PAGETOP
Copyright © 2004 - 2020 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.