不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)が2018(平成30)年5月23日に可決・成立した後、5月30日に公布され、下記が6月9日に施行された。

新規性喪失の例外期間(グレースピリオド)に関する改正は、期間を6か月から1年に延長するためのものであり、その余の点で変更をもたらすものではないことが出典(2)及び(6)で強調されている。また、適用関係については、図1に示すように、2017(平成29)年12月9日以降に公開になった発明が改正法の適用を受けることができる点に留意する必要がある(実用新案法の考案及び意匠法の意匠も同様)

<図1:平成30年改正特許法第30条の適用関係について(「出願日を基準にした場合」)>

※出典(2)より引用
平成30年改正特許法第30条の適用関係

商標登録出願の分割要件に関する改正は、図2に示すように親出願の出願手数料を納付したものに限り、分割出願について出願日を遡及させることで、商標登録出願手続の適正化を図ることを目的としており、一部出願人による大量の分割出願を抑制する効果が期待される。

<図2:平成30年改正商標法10条1項の適用関係>

※出典(9)より引用
平成30年改正商標法10条1項の適用関係

なお、本稿で取り上げていない不正競争防止法の一部改正等の他の改正事項(特許庁ウェブサイトで公表されている概要はこちら)は、「一部の規定を除き、公布の日から起算して1年6か月を超えない範囲内において政令で定める日」とされている(不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)付則1条)。
→2018年9月11日追記:不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)の施行期日に関する経済産業省のニュースリリースはこちら

【出典】
(1)特許庁「不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)
(2)特許庁「発明の新規性喪失の例外期間が6か月から1年に延長されます
(3)特許庁「発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための手続について
(4)特許庁「「新規性喪失の例外に係る審査基準」の改訂について
(5)特許庁「「特許・実用新案審査ハンドブック」の改訂について
(6)特許庁「意匠の新規性喪失の例外期間が6か月から1年に延長されます
(7)特許庁「意匠の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための手続について
(8)特許庁「意匠審査基準の一部改訂について
(9)特許庁「商標登録出願の分割要件が強化されます
(10)特許庁「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)

【関連記事】
知財トピックス(日本情報)特許庁、「手続上の瑕疵のある出願の後願となる商標登録出願の審査について(お知らせ)」を公表 ~一部出願人の大量出願への対応として、拒絶理由通知の記載に関する運用を変更~ 2017-08-07
知財トピックス [特許・不正競争・著作権等/日本]知財関連法改正の審議状況 ~特許・実用新案・意匠「新規性喪失の例外期間延長(6か月→1年)」と商標「分割要件の強化」は、2018年6月9日施行~ 2018-06-05
知財トピックス [特許・実用新案/日本]2018年3月及び6月の特許・実用新案審査基準/審査ハンドブックの改訂について ~コンピュータソフトウエア関連発明については、基本的な考え方を変更せずに明確化等が図られる~ 2018-08-06
知財トピックス [意匠/日本]<コラム>特許庁、意匠制度の見直しの検討課題に対する提案募集 2018-09-20
知財トピックス [不正競争・特許等/日本]不正競争防止法(ビッグデータ保護等)、特許法等(証拠収集手続)の平成30年改正について 2018-10-22

季刊創英ヴォイス vol. 82 知財情報戦略室:日本および中国の特許・商標関連統計を読み解く 2018-04-01

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。