特許庁は、2018年9月21日、審査負担の少ない一定の条件を満たす出願を対象として、通常よりも早く審査を行う運用「ファストトラック審査」を試行的に開始することを発表した。

「ファストトラック審査」は申請不要、手数料不要で、2018年10月1日以降に出願された案件のうち、下記1.及び2.の両方の要件を満たす場合に自動的に対象となる。

  1. 出願時に、「類似商品・役務審査基準」、「商標法施行規則」又は「商品・サービス国際分類表(ニース分類)」に掲載の商品・役務のみを指定している商標登録出願
  2. 審査着手時までに指定商品・指定役務の補正を行っていない商標登録出願

現在、商標登録出願の審査を早める手段としては「早期審査」の制度も提供されており、一部の対象は要件が類似しているが、「ファストトラック審査」は、申請が不要であることに加えて、「商標を指定商品・指定役務に使用している(又は使用の準備が相当程度進んでいる)」ことを要件としていない。また、FA期間の比較は下図に示す通りとなっている。

<図:通常の審査、ファストトラック審査及び早期審査のFA期間>
図_通常の審査、ファストトラック審査及び早期審査のFA期間(FA期間=一次審査通知までの期間)
※出典(1)の「商標審査に「ファストトラック審査」を導入します」より引用

【出典】
特許庁「ファストトラック審査について

【関連記事】
知財トピックス(日本情報)商標登録出願の早期審査・早期審理の対象が拡大される ~マドプロ国際出願“予定”の基礎出願や権利化の緊急性がない場合も対象に~ 2017-04-06

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。