2018年11月5日にカナダの意匠法、意匠規則、審査基準が改正・改訂されたので、その内容をご紹介する。

○ハーグ協定(国際意匠登録の枠組み)加入
国際意匠出願においてカナダを指定することが可能になった。

○存続期間
登録から10年、または出願日から15 年の遅い方となった。

○出願公開
登録後、あるいは登録に至っていない場合は優先日(優先権主張がない場合は出願日)から30月で出願公開されるようになった。

○意匠の説明(Written description)
必須だったWritten descriptionは必須ではなくなった。ただし、一部をディスクレームする場合などに記載することは可能。

○図面や写真、CG 図面など
線図による図面と写真・CG図面等のコンビネーションが認められるようになった。

○分割出願
多意匠一出願を認めないというOA応答時のみならず、親出願に開示されている全ての意匠を分割可能となった。例えば使用状態図等に表した他の物品であっても可能である。

分割出願の期限は原則として親出願から2年以内(親が登録になっていない場合)だが、上記OA応答の際の分割には2年の制限は適用されない。

○早期審査(Advanced examination)
シンプルな申請手続きと料金納付で、早期審査の請求が可能になった。

○登録延期
従来から出願日(優先権があるときは優先日)から30月の登録延期を申請できるが、ハーグ経由の出願には適用されないことが明記された。

○新規性等
従来の審査基準において登録要件として規定されていた独創性(Originality)の要件は廃され、新規性(Novelty)の要件が規定された。恐らく登録性の難易度は下がると予想される。

また、グレースピリオド(1年間)の適用に当たり、従来はカナダ出願日を基準に判断していたが、優先日が基準となった。

更に、同一出願人による類似意匠についての別出願は、先の出願から12月以内に出願されていれば、先行の出願意匠は引例にならないこととされた。

【出典】
カナダ知的財産庁「Joining the Hague Agreement and Modernizing Canada’s Industrial Design Regime

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。