前回のコラムでは2019年5月にリリースされたJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)の機能改善を紹介しました。J-PlatPatは主に日本公報の調査や確認に用いますが、近年は、世界知的所有権機関(WIPO)、欧州特許庁(EPO)及び欧州連合知的財産庁(EUIPO)といった公的機関によって提供されている下記のデータベースにも日本公報が収録されており、場面に応じて活用することができます。

○ 特許
世界知的所有権機関(WIPO)「PATENTSCOPE」
https://patentscope2.wipo.int/search/ja/search.jsf
欧州特許庁(EPO)「Espacenet」
https://worldwide.espacenet.com/?locale=jp_EP

○ 意匠
世界知的所有権機関(WIPO)「Global Design Database」
https://www.wipo.int/designdb/en/index.jsp
欧州連合知的財産庁(EUIPO)「DesignView」
https://www.tmdn.org/tmdsview-web/welcome.html?lang=ja
※初回アクセス時にクッキーの利用に関するページが表示される場合があります

○ 商標
世界知的所有権機関(WIPO)「Global Brand Database」
https://www.wipo.int/branddb/en/
欧州連合知的財産庁(EUIPO)「TMview」
https://www.tmdn.org/tmview/welcome.html?lang=ja
※初回アクセス時にクッキーの利用に関するページが表示される場合があります

これらのデータベースは世界中の公報を幅広く網羅している点が共通の特徴で、「Global Brand Database」の人工知能(AI)による画像検索のほか、「WIPO Translate(PATENTSCOPEから利用可能)」や「Patent Translate(Espacenetから利用可能)」のように独自のツールを提供しているデータベースもあります。
(※日本のJ-PlatPatで利用可能な機械翻訳等については、記事末尾の【メモ】参照。)

また、インターフェースの日本語表示(「Global DesignDatabase」及び「Global Brand Database」を除く)や、日本語での検索(「Espacenet」を除く)が可能なデータベースもあります(日本語対応の範囲はデータベースによって異なります)。

ほかに、医薬品に関する特許情報に特化したデータベースとしてWIPOが提供している「Pat-INFORMED(https://www.wipo.int/patinformed/)」においても、日本特許の情報が収録されています。

なお、公的機関によって提供されているデータベースではありませんが、特許についてはGoogle社の「Google Patents(https://patents.google.com/)」も日本公報を収録しています。「Google Patents」ではインターフェースの表示は英語ですが、日本語を使った検索が可能で、日本語公報の英訳(機械翻訳)も提供されています。

【出典】
世界知的所有権機関(WIPO)「WIPO Translate – Instant Patent Translation
欧州特許庁(EPO)「Patent Translate
世界知的所有権機関(WIPO)「WIPO、商標に使用できる人工知能による最新式画像検索ツールを発表(PDF)」※Global Brand Databaseの画像検索に関するプレスリリース
工業所有権情報・研修館(INPIT)「J-PlatPat ヘルプ一覧
BUSINESS WIRE「WIPOとIFPMAが医療関係者の適切な医薬品の調達に貢献する 新しいオンライン特許情報データベースを開設」※Pat-INFORMEDに関するプレスリリース

【参考】
工業所有権情報・研修館(INPIT)「公的機関が提供する知財情報や技術情報のデータベース」※無料データベースサービスのリンク集
日本特許庁「特許情報提供サービスに関する調査報告書について
日本特許庁「説明会テキスト」※各年の「実務者向けテキスト」にPATENTSCOPE等を紹介するテキスト、資料等が含まれている
WIPO日本事務所「日本語のWIPO資料」※リンク先とその上部の「その他の知的財産イベント」においてWIPO提供のデータベースに関するマニュアルや資料が提供されている
一般財団法人日本特許情報機構(Japio)「特許・情報フェア&コンファレンス 開催報告」※各年の開催報告において、WIPOやEPOが提供するデータベース等を紹介する発表資料が提供されている
国立国会図書館リサーチ・ナビ「調べ方案内>科学技術・医学>専門資料>特許」※Espacenet等を使った調べ方のほか、特許分類を使った調べ方等についての紹介もある

東芝デジタルソリューションズ株式会社「特許庁から受注した機械翻訳システムの稼動開始について ~ NICTが開発した最新のニューラル機械翻訳エンジンの採用により、正確で自然な翻訳を実現 ~」※J-PlatPatで提供されている機械翻訳について

欧州特許庁「Patent Information News」※Espacenet等に関する最新情報(例:2019年7月時点の最新号2/2019では、Espacenet次期バージョンの使い方J-PlatPatの刷新に関する情報)が提供されている
株式会社ワイゼル「Patent Information News(旧 EPIDOS-NEWS)日本語版

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[意匠/EU]<コラム>多国意匠データベース「DesignView」 2015-02-20
知財トピックス(日本情報等)[特許/IP5(日本、米国、欧州、中国、韓国)]日米欧中韓の特許出願・審査情報が1つのサービスから確認可能に 2015-06-03
知財トピックス (日本情報等)<コラム>各国特許庁/機関提供の知財関連情報 2016-07-05
知財トピックス(欧州情報)[商標/EU]商標データベース「TMview」で画像検索機能が利用可能に 2017-08-07
知財トピックス [特許・実用新案・意匠・商標/日本]〈コラム〉J-PlatPatの機能改善、2019年5月7日にリリース 2019-05-20
知財トピックス [特許・意匠・商標/日本、米国、欧州等]〈コラム〉知財関連の裁判例・審決例の調べ方 2019-07-22

【メモ】

(1)J-PlatPatで利用可能な機械翻訳等について

J-PlatPatでは日本公報の機械翻訳や外国公報の和文抄訳・機械翻訳が提供されています。使い方は、FAQ(よくある質問と回答)で「翻訳」をキーワードにして検索すると表示されます。

(2)EPO「Espacenet」等で日本の公開特許公報・特許公報等を閲覧する際の小技

  • EPO「Espacenet
    SmartSearch」からの検索では、J-PlatPatの検索結果一覧に表示される文献番号で冒頭の特開、特許等を削除し(または、JPに置き換え)、特開等の場合は「ハイフン(-)」を削除してから検索する必要があります(同様の手順にて出願番号を使った検索も可能)
  • WIPO「PATENTSCOPE
    簡易検索」からの検索では、Espacenetの場合と同様の手順で検索する必要があります(出願番号を使う場合も同様)
  • Google社「Google Patents
    J-PlatPatの検索結果一覧に表示される文献番号(例:特開20##-######、特許6######)をそのままコピー・ペーストして検索しても、該当する日本公報がサジェストされます(ただし、公報表示を日本語に切り替える手間が必要で、2019年7月時点のトップページでは出願番号を使った検索には非対応)

なお、これら3つのデータベースのいずれも、日本公報の収録範囲はJ-PlatPatと同一ではない点には注意が必要です(特に、古い公報や最新分の収録)。

***更新情報(2019年7月19日)***
【参考】に「国立国会図書館リサーチ・ナビ」の情報を追加

***更新情報(2019年7月23日)***
【関連記事】、【参考】、【メモ】を追加し、本文の一部を変更

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。