シンガポール(SG)では、2020年1月1日以降、次の特許出願については、いわゆる外国ルートを使った補充審査が利用できなくなった。

(1)出願日がこの日以降のSG国内出願
(2)国際出願日がこの日以降のSG国内移行出願
(3)分割した日がこの日以降のSG分割出願

ここで外国ルートとは、シンガポール特許庁(IPOS)が定めた特定国の特許庁への対応する出願、国際出願、あるいは関連国内段階出願の肯定的なサーチ結果および審査結果を利用し、補充審査を求めるルートである。補充審査では、新規性、進歩性についての審査が省略され、形式的要件のみ審査される。

特定国は、米国、カナダ(英語出願のみ)、EPO(英語出願のみ)、英国、豪州、ニュージーランド、韓国及び日本である。

なお、出願日/国際出願日/分割した日がこの日より前の出願では、未だ補充審査を利用できる。

SG-patent-20200120

近年、IPOSは審査体制を徐々に強化してきており、今後、補充審査を廃止することで特許の質の向上を図って、アセアン諸国におけるIPハブとなることを目指している。

なお、外国ルートの廃止後もASPECやPPHを利用して審査を促進することは可能である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。