香港では、2019年12月19日に新特許制度が施行された。香港における特許(標準特許と短期特許)のうち、標準特許について、新制度下では、中国、英国、欧州(英国を指定)への出願/登録を経ることなく香港知的財産局への直接出願(Original Grant Patent、OGP)が可能となった(以下の表参照)。

HK-patent-20200120-1

OGP制度における実体審査の流れは以下の図の通りである。

HK-patent-20200120-2

新制度の短期特許(日本における実用新案制度)については、以下の通り改正されている。

・独立クレームは1つから最大2つに増加
・登録後に、正当な理由を有する第三者の要請による実体審査請求可能
・権利行使前に実体審査を受ける義務が追加
・侵害の警告をする場合、被疑侵害者に基本的な特許情報の提示が必要

【出典】
香港知的財産局「New Patent System」、「Reform of the Patent System in Hong Kong

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。