2020年1月31日に英国がEUから正式に離脱した。そこで、既報の欧州連合商標(EUTM:European Union Trade Mark)及び登録共同体意匠(RCD:Registered Community Design)に関する取扱いのポイントを改めて以下に示す。なお、移行期間は2020年2月1日~2020年12月31日の11ヵ月間である。

1.2020年12月31日以前に登録済みの場合
EU商標及び登録共同体意匠の権利は、移行期間中も継続する。2021年1月1日、英国特許庁は、これら権利と「同等の権利」を自動的かつ無償で付与する。当該同等の権利は、もとの優先日、出願日、登録日、更新日は維持され、英国法下で出願、登録された権利のように扱われる。また、このような「同等の権利」は、原登録とは別の独立したもの(現地では「クローンの登録(cloned registration)」とも呼ばれる)となり、個別の更新費用が必要となる。なお、英国での「同等の権利」が不要な場合、2021年1月1日以降に英国特許庁に登録回避(オプトアウト:opt out)の請求をすることができる。請求が受理されると、英国特許庁は「英国登録簿から削除された」旨の通知を出願人に送付する。

2.2020年12月31日の時点で審査に係属中の場合
移行期間満了日後9ヵ月以内(2021年9月30日まで)に、英国特許庁に再出願手続きを行うことができ、英国法の下で審査される。なお、再出願がEUTM又はRCDの原出願と同内容の出願でない場合には、出願日や優先日が維持されない点に留意する必要がある。

3.マドプロ国際登録・ハーグ国際登録
移行期間中は、マドプロ又はハーグ制度を通じて保護されるEUを領域指定する国際登録は、引き続き英国にも及ぶ。2021年1月1日、EUを領域指定する国際登録による保護は、英国において有効でなくなるが、英国特許庁及びWIPOは、当該保護が失われないことを保障する選択肢を検討中である。なお、マドプロ国際登録に関しては、英国に登録されたのちに、マドプロに規定される「国際登録の国内登録への代替」を利用し、元の出願日を維持したまま、英国を指定した国際登録にすることも可能である。

【出典】
ジェトロ 「欧州の関係当局、英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)の知的財産への影響に 関する情報を公表」(PDF)(2020年2月3日)

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。