これまで、特許協力条約に基づくPCT出願では、イタリアには直接移行することはできず、欧州特許出願(EPC)を介してイタリアで保護を求める必要があった。しかし、2020年7月1日以降のPCT出願からは、イタリアへの直接移行が可能になる。

移行期限は優先日から30ヶ月である。EPCの31ヶ月と間違わないように留意したい。また移行の請求日から2か月以内に、出願書類のイタリア語の翻訳文を提出する必要がある。

また、移行時に10個を超えるクレームについては、クレーム超過手数料が必要となる。審査は、国際調査報告と見解書に基づいて行われる予定である。

これにより、イタリアで特許の保護を求めるルートの選択肢が増える。なお、ベルギー、フランス、オランダ、アイルランド、ギリシャ、キプロスについては、未だPCTからの直接移行は認めていない。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。