ミャンマーでは、商標法成立からおよそ1年8か月経過した2020年10月1日に、ようやくソフトオープニング(商標出願の先行受付)が開始された。ソフトオープニング期間中は、「従前の登記制度を利用した商標」又は「実際にミャンマーで使用されている商標」のみについての出願が認められる。

ソフトオープニング期間は、予定では6か月間といわれており、6か月経過後にグランドオープニング(知的財産局の設立/商標法・規則の施行)となる予定である。

以下、2021年1月28日時点での最新情報を報告する。

・先行出願受付:
ソフトオープニング開始後1か月目の出願総数は7,000件程であり、2か月目は10,000件程だった模様。「従前の登記制度を利用した商標」の総数は20万件超と言われており、当該件数からすると、開始後2か月間の出願総数は少ない。出願料金や委任状の対応が決まっていないといった事情から、多くの出願人が様子見していたことがうかがえる。出願受付のシステムは今のところ安定稼働しており、大きなトラブルは起きていない。

出願受付開始後に判明したが、出願のシステム上、出願人のCompany Registration No.の入力が必須であるとのこと。

・料金:
出願料や登録料等の政府料金は未だ公表されていない。2021年2月中に、正式発表されることが予想される。

・委任状・代理人選任フォーム:
どのような委任状・代理人選任フォームを適式とするかは、未だ決定に至っていない。これについても2021年2月には公表される見込み。

・商標規則:
検討に時間を要していたが、ようやく2020年11月にUAGO(連邦法務長官府)に提出された。UAGOでの審査を経て、2021年2月1日に召集されることが決定した国会に提出され、その後、2月末~ 3月初頃に公表され、グランドオープニングのタイミングで施行される予定。

・知的財産局(IP Department):
知財担当部署は、教育省から商業省消費者局の傘下へと移管済であるが、今後、グランドオープニングのタイミングに合わせて、知的財産局(IP Department)が発足する。当初は、スタッフ総数50名程度でスタートする予定。

★ミャンマー商標に関して大きな動きがありましたら、弊所お客様専用サイトに情報を掲載いたしますので、ご参照ください。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。