独立行政法人 工業所有権情報・研修館が運営する特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)では、日本国はもとより世界各国の特許・実用新案、意匠、商標、審決に関する公報情報、手続・審査経過等のリーガルステイタスに関する情報、等の検索・閲覧がインターネットを介して無料で提供されています(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/)。
J-PlatPatでは、2015年3月の運営開始から機能の追加・改善が幾度か行われましたが、この度、2021年2月1日において更なる機能改善が行われたところです。

この2021年2月1日に行われました機能改善では、主に下記の改善が行われました:

✓審決公報の検索項目に「全文」の項目が追加されました。
この「全文」の検査項目によって、審決公報の全文が検索対象になりました。

✓審決公報の番号検索の検索項目に「出訴番号」が追加されました。
この「出訴番号」の検索項目によって、審決公報を出訴番号から検索できるようになりました。

✓検索結果のCSV出力件数の上限が、これまでの100件から、一気に500件に増加されました。
検索結果が比較的多めであってもCSVファイルに出力することができるようになりました。

✓特許実用新案分類検索(PMGS)では、一覧しやすい簡易表示が追加されました。
分類を一覧したり印刷したい場合などに、簡易表示(FI/ファセット簡易表示、Fターム簡易表示、IPC(最新版)簡易表示)は、便利な機能です。

✓RSS配信が全出願で利用できるようになりました。
なお、2021年2月現在においては、2019年6月以降に(審査請求等の)経過情報が更新された出願のみがRSS配信の対象となっていますが、今後は、全ての出願についてRSS配信が可能になるようです。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。