中国国家知識産権局(CNIPA)による第453号の公告(【出典】参照)によれば、2022年1月1日より、紙版の商標登録証(以下、紙版商標登録証)の発行が廃止されて、電子版の商標登録証(以下、電子版商標登録証)の発行のみとする運用となる。以下、運用スケジュールの概要と注意点を紹介する。

1.商標登録証に関する運用スケジュールの概要
登録及びその他の商標出願により生じた商標登録証に関する出願形式別の運用スケジュールの概要を以下の表の通り整理した。

Trademark-China-2021118-2※1:2018年11月27日よりCNIPA商標局の官庁書類とシステムの電子化に伴って電子版商標登録証などが発行されるようになっている。
※2:紙版商標登録証の発行が廃止されて電子版商標登録証の発行のみになるにあたっての移行期間。
※3:中国における商標出願・登録状況の調査手段として提供されるデータベース。「商標登録証発行通知書」に示されるURL・QRコードからアクセス可能。
※4:電子での商標出願を提供するシステム。

2.紙版商標登録証の保管
紙版商標登録証の発行廃止前(2021年12月31日以前)に発行された紙版商標登録証は保管しておくべきかどうかが気になる点である。この点、電子版商標登録証と紙版商標登録証の位置づけ・効力については、同じであるため、電子版商標登録証があれば紙版商標登録証は破棄しても問題なさそうではある。しかしながら、実際の行政摘発または提訴等の権利行使の際に、市場監督管理局または人民法院等から紙版商標登録証の提示が要求される可能性があるため、電子版商標登録証に関する実務が定着するまで保管しておいた方が得策と思われる。

【出典】
中国国家知識産権局「关于调整商标注册证发放方式的公告(第453号)」(PDF)

【参考】
日本貿易振興機構(JETRO)「「中国商標網」の商標検索マニュアル
新興国等知財情報データバンク「中国における商標の調べ方—中国商標網ウェブサイト
WIPO「国家知識産権局(CNIPA)が新たにe-Filingサービスを開始

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。