私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 知財・法律トピックス

知財・法律トピックス

[商標/日本]審査基準改定による店舗の外観・内装の保護拡充

2020年3月に、店舗の外観・内装等の保護拡充を目的として、立体商標に関する審査基準が改定された。 改定の背景 …

美容器事件知財高裁大合議判決

  1.本裁判例について 令和2年2月28日に、知財高裁において、新たな大合議判決がなされた(知財高 …

[特許/ドイツ]統一特許裁判所協定の批准に関する法案は無効に

ドイツの連邦憲法裁判所は、2020年3月20日、欧州統一特許裁判所協定(UPC)の批准に関する法案を無効と判断 …

[意匠/日本]改訂意匠審査基準の内容

2020年4月1日以降の出願から、改訂意匠審査基準が適用されている。この改訂内容には、画像意匠保護拡充、関連意 …

[特許・実用新案・意匠/中国]「専利証書」の電子化

国家知識産権局(CNIPA)は、2020年2月4日付の公告で、登録日が2020年3月3日以降の専利出願(特許、 …

[特許/オーストラリア]イノベーション特許の廃止

オーストラリアにおいて、イノベーション特許制度の廃止規定を含む知的財産関連法の改正法案が2020年2月26日に …

[特許・実用新案・意匠・商標/中国]主要統計データの公表

国家知識産権局(CNIPA)は、2019年の知的財産権に関する統計データを公表した。 特許出願件数は2018年 …

弁護士資格認定制度について

1 はじめに 筆者は、特許庁に所属していた2006年に旧司法試験に合格し、その後も特許庁で審査審判の実務を続け …

[特許/フランス]フランス特許出願について進歩性等も審査

フランス特許出願は、これまで新規性は審査されるものの、進歩性や産業上の利用可能性については審査されてこなかった …

[特許/イタリア]PCTからイタリアへの直接移行が可能に

これまで、特許協力条約に基づくPCT出願では、イタリアには直接移行することはできず、欧州特許出願(EPC)を介 …

1 2 3 132 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2020 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.