私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 知財・法律トピックス

知財・法律トピックス

渋味のマスキング方法事件(知財高判 平成26年3月26日(平成25年(行ケ)第10172号))

1 はじめに 弊所法律部門では、若手弁護士を中心として週に1度、裁判例の勉強会を開催している。今回は、その勉強 …

[特許/インド]インドとの特許審査ハイウェイ(PPH)、2019年度第一四半期に試行開始へ

日本特許庁とインド商工省産業政策・振興局は、2018年8月22日に実施された第2回日印知的財産評価会合において …

著作物の引用について

1 はじめに 著作権法は、他者の著作物を利用する行為を原則として禁止しつつ、例外的にいくつかの場合には、著作者 …

[意匠/日本]<コラム>特許庁、意匠制度の見直しの検討課題に対する提案募集

特許庁は、2018年8月の産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会(第6回会合)で、意匠制度の見直しの方向 …

「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」の概説

1 はじめに 本年6月15日、経済産業省から、「AI・データの利用に関する契約ガイドライン1)」が公表された。 …

1 2 3 124 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2018 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.