私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 知財・法律トピックス

知財・法律トピックス

「メタタグ」「検索連動型広告」と商標

1 はじめに 総務省の公開する情報通信白書平成30年度版によれば、日本におけるインターネットの普及率(個人)は …

[意匠・商標/WIPO(ハーグ・マドプロ)]〈コラム〉ハーグ協定及びマドリッド協定議定書への新規締約国

意匠のハーグ協定、商標のマドリッド協定議定書への新規締約国をご紹介します。 (1)意匠のハーグ協定 ベトナム、 …

[特許/香港]新特許制度が2019年12月19日に施行

香港では、2019年12月19日に新特許制度が施行された。香港における特許(標準特許と短期特許)のうち、標準特 …

[特許/EP]審判手続規則改正

欧州特許庁審判手続規則が2020年1月1日に改正された。この改正は、2020年1月1日以降に請求される審判だけ …

[特許/シンガポール]特許審査における外国ルートの廃止

シンガポール(SG)では、2020年1月1日以降、次の特許出願については、いわゆる外国ルートを使った補充審査が …

職務発明規程に関するガイドラインについて

1 はじめに 経済産業大臣は、平成28年2月22日告示により、「特許法 第35条第6項に基づく発明を奨励するた …

[特許・実用新案・意匠・商標等/日本]〈コラム〉裁判手続等のIT化~ Microsoft社「Teams」の利用~

来年2月頃より、争点整理手続等の一部の裁判手続におけるIT化の新たな運用が開始される予定です。 内閣官房により …

[特許/インド]日印特許審査ハイウェイ(PPH)開始

インド商工省産業国内振興局は、日本との間で特許審査ハイウェイ(PPH)を開始する合意文書に署名した。3年間のパ …

[意匠/米国]物品名が権利範囲に与える影響についてのCAFC判決(Curver Luxembourg v. Home Expressions)

米国意匠の権利範囲の解釈において重要な判決がCAFCより出された。事件は、USD677,946号(以下、946 …

[商標/WIPO(マドプロ)]ブラジル マドリッド協定議定書が10月2日に発効

2019年10月2日より、マドプロのブラジル指定が可能となった。 加盟にあたり種々の宣言・通知が行われており、 …

1 2 3 130 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2020 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.