私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(東アジア情報)

[商標/ミャンマー]ソフトオープニングは2020年6月以降か

ミャンマーでは、2019年1月30日の意匠法・商標法の成立を皮切りに、特許法、著作権法が相次いで成立し、まずは …

[特許/韓国]改正特許法の施行:プログラム発明の保護強化

韓国では2020年3月11日に改正特許法が施行される。改正特許法では、コンピュータのソフトウェアプログラム(以 …

[特許/台湾]医薬関連発明の改訂審査基準

台湾では、2020年1月1日に医薬関連発明の改訂審査基準が発効された。実務上、当該発効日以降、査定前の出願につ …

[商標/中国]商標権侵害訴訟において懲罰的賠償を明確に認めた一審判決

●本事件の概要 2019年9月に中国上海の地方人民法院により商標権侵害訴訟において3倍の懲罰的賠償(商標法第6 …

[特許/香港]新特許制度が2019年12月19日に施行

香港では、2019年12月19日に新特許制度が施行された。香港における特許(標準特許と短期特許)のうち、標準特 …

[特許・実用新案・意匠・商標/中国]専利審査指南改正・商標法改正、2019年11月1日施行

1. 中国専利審査指南改正(2019年11月1日施行) 中国専利審査指南の改正は2019年9月23日付で公布さ …

[特許/インドネシア]旧法下での未納年金を支払わなければ新規出願を処理しない

インドネシア特許庁は、現行法(2016年8月26日施行)の前の法律(以下、旧法)により生じている年金問題(期限 …

[特許/インドネシア]不実施のインドネシア特許に関する「実施猶予の申請」について~申請に必要な書類が簡素化~

既報でもご案内の通り、現行インドネシア特許法(2016年8月26日施行)では、インドネシア国内において特許を受 …

1 2 3 30 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2020 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.