私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

法律トピックス

損害論の審理と当事者の主張立証(2)

今回は、前回に引き続き、損害論の審理について、当事者がどのような主張立証を行っていくかについて説明する。 3 …

令和2年著作権法改正の概要

1.はじめに 昨年6月に成立した改正著作権法に関して、法律トピックスでは以前侵害コンテンツのダウンロード違法化 …

損害論の審理と当事者の主張立証(1)

1 はじめに 特許侵害訴訟において損害賠償請求をする場合、東京地方裁判所及び大阪地方裁判所は、原則として、侵害 …

容易想到性における阻害要因について

1 阻害要因とは 特許出願の拒絶理由(特許法49条)及び特許の無効理由(特許法123条1項)に容易想到性(特許 …

損害論の審理と文書提出命令

1 はじめに 特許侵害訴訟において損害賠償請求をする場合、東京地方裁判所及び大阪地方裁判所は、原則として2段階 …

契約書はどう「読まれる」か? 1

1 はじめに 日本では、コンビニで商品を買う時のように、双方の意思が合致する(=合意)だけで契約(この例では「 …

特許法102条3項の「その特許発明の実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額」

1 はじめに 特許法102条3項は、「特許権者…は、故意又は過失により自己の特許権…を侵害した者に対し、その特 …

消費者契約法8 条(事業者が顧客に対して負う損害賠償責任を免除する条項の無効)

1 消費者契約法 消費者契約法は、消費者が事業者と契約をするとき、両者の間には持っている情報の質・量や交渉力に …

裁判例とのつきあい方

1 はじめに 「判例」については、これまでも紹介させていただいております。今回は、「そもそも判例(裁判例)とは …

特許法102条2項の適用について

1 はじめに 今回は、「ごみ貯蔵機器事件大合議判決(知財高裁平成25年2月1日(平成24年(ネ)第10015号 …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2021 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.