私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(その他各国情報)

[特許/ブラジル]ブラジルにおける国家衛生監督庁(ANVISA)による事前承認制度の廃止

 ブラジルにおいて、2021年8月26日をもって国家衛生監督庁(ANVISA;米国のFDAに相当)による医薬関 …

[知的財産法/チリ共和国]チリ共和国における知的財産法の改正

チリ共和国では現行の知的財産法(法律第19.039号)の改正法(以下、「新しい知的財産法」といいます。)が20 …

[特許/ASEAN]ASEANにおける特許審査ハイウェイ

1.はじめに 今回は、ASEANにおける特許審査ハイウェイ(PPH)の実施状況と有効性をご紹介します。PPHは …

[特許/ブラジル]最高裁が特許権の存続期間を最低10年保証する規定は違憲と判断

ブラジル連邦最高裁判所(STF)は、2021年5月6日、特許権の存続期間を最低10年保証(実用新案権は7年)す …

[特許・商標等/インド]インド知的財産審判委員会(IPAB)の廃止

2021年4月4日、インド大統領により裁判所改革条例「The Tribunals Reforms Ordina …

[特許/WIPO(PCT)]PCT国際出願関連手続における押印の見直しについて

[1]特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の願書や中間手続書類を書面で提出する場合、出願人、代理人、共通の代 …

[特許/湾岸協力会議(GCC)]新規出願受付の停止

GCC*の最高理事会は、2021年1月5日、特許法(特許規則)の一部改正を承認した。改正特許法(特許規則)はま …

[特許/インド・フランス]特許審査ハイウェイ(PPH)について

1.インドと日本との間のPPH インドと日本との間では、3 年間のパイロットプログラムとして、2019年12月 …

[特許/インド]優先権書類、実施報告書に関する特許規則改正

インドにおいて、2020年10月19日、改正特許規則(2020)が施行された。優先権書類に関してPCT規則との …

1 2 3 20 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2021 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.