私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(米国情報)

[特許/米国]United States v. Arthrex, Inc.判決

2021年6月21日、米国連邦最高裁判所は、United States v. Arthrex, Inc.事件の …

[特許/米国]実施権者が特許表示を怠ったために訴訟提起前の損害賠償(350万ドル)が認められず

米国では、特許の実施品に特許表示をしなかった場合には、特許権者は損害賠償を受けることができない(特許法287条 …

[商標/米国]Booking.com商標の識別性に関する最高裁判決 ~「〇〇(一般名称).com」に識別性は認められるか~

長らく大きな注目を集めてきた「Booking.com」商標の登録可否について、2020年6月30日に識別性を認 …

[意匠/米国]意匠についてのPTA(Patent Term Adjustment)

皆さまご存知のことかと思いますが、PTA(Patent Term Adjustment)とは、米国特許庁による …

[特許・意匠/米国]査定系審判における早期審理パイロットプログラム

米国特許商標庁は、2020年7月2日、査定系審判(ex parte appeals)の審理を促進するためのパイ …

[特許・意匠・商標等/米国等]電子的な署名は認められるか?

特許庁に提出する書類として、例えば委任状や宣誓書などでは、出願人や発明者の署名が必要な場合がある。しかし、新型 …

[特許/米国]IPR請求の1年の時期的制限は厳格に適用

IPR(inter partes review)は、米国特許を無効にする手続として、特に、特許権侵害訴訟に対す …

[商標/米国]損害賠償請求に関する最高裁判決~原告は被告の「故意」を証明しなければならないのか~

米国では特定の法律的な争点について複数の控訴裁判所で判断が分かれることを「circuit split」と言いま …

[意匠/米国]物品名が権利範囲に与える影響についてのCAFC判決(Curver Luxembourg v. Home Expressions)

米国意匠の権利範囲の解釈において重要な判決がCAFCより出された。事件は、USD677,946号(以下、946 …

[特許/米国]米国特許出願の審査における審査官インタビュー(審査官面接)の活用

日本の特許審査等において審査官とのインタビュー(面接)は、出典1において「審査・審理に関わる意思疎通を図る上で …

1 2 3 25 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2021 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.