私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(米国情報)

米国商標:使用宣誓書におけるFraud実務の変更

 ここ数年、USPTO(米国特許商標庁)の審判部においては、米国商標権の登録時/登録後の使用宣誓書提出において …

KSR事件

 2007年4月30日、非自明性(米国特許法第103条)に関する判断基準について争われていたKSR事件の最高裁 …

« 1 22 23 24
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2019 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.