私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 大野新

タグ : 大野新

2007年度模倣被害調査報告書

 特許庁は4月11日、昨年の11月から12月にかけて、8000社を対象に実施したアンケート調査の結果をまとめた …

模倣品・海賊版拡散防止条約の締結なるか?

 経済産業省は10月23日、知的財産権の執行を強化するための新しい国際的な法的枠組である「模倣品・海賊版拡散防 …

米が「先願主義」に転向か?

 blank_page米下院司法委員会の知的財産小委員会は5月16日、先に発明した企業や個人に特許の権利を認め …

LBP発明対価訴訟、キヤノンに3352万円支払い命令

 キヤノン元従業員の箕浦一雄氏が、レーザービームプリンター(LBP)などに使われる技術の特許に対する職務発明の …

日米欧の特許の相互承認制度

 日本での特許出願の審査結果を米欧がそのまま承認するような「相互承認制度」の導入に向け、日米欧の特許当局が本格 …

重点8分野の特許出願状況

 重点8分野の特許出願状況について、5月31日に速報をお知らせしたが、詳細が発表されたので、情報を追加して再掲 …

特許庁、意匠/特許/商標各制度の法改正の方向

 特許庁は、「特許制度の在り方について」報告書、「意匠制度の在り方について」報告書、及び「商標制度の在り方につ …

日米欧で一本化される特許出願

 特許庁は、11月17日にドイツ・ミュンヘンで開かれた日米欧三極特許庁会合で、日米欧のいずれかで特許を出願すれ …

知的財産の価値を客観的に評価するには?

 8月15日、京都大学と大和証券グループは知的財産・無形資産価値の評価システムを共同して研究開発することで合意 …

知的財産高等裁判所の設立の意義

 今年、平成17年4月1日より知的財産高等裁判所設置法に基づき、知的財産高等裁判所が、特別の支部として東京高等 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2019 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.