私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 黒木 義樹

タグ : 黒木 義樹

[特許/湾岸協力会議(GCC)]新規出願受付の停止

GCC*の最高理事会は、2021年1月5日、特許法(特許規則)の一部改正を承認した。改正特許法(特許規則)はま …

[特許/日本]円滑な知財紛争処理を目指して

産業構造審議会知的財産分科会の特許制度小委員会では、円滑な紛争処理に向けた知財紛争処理システムに関し、下記事項 …

[特許/EPO]異議申立の口頭審理も原則ビデオ会議により実施

欧州特許庁(EPO)における審査では、これまでも口頭審理をビデオ会議により行うことが可能であったが、新型コロナ …

[特許/インド・フランス]特許審査ハイウェイ(PPH)について

1.インドと日本との間のPPH インドと日本との間では、3 年間のパイロットプログラムとして、2019年12月 …

[特許・実用新案・意匠・商標/日本]証明書等の押印及び署名の廃止

発明や考案、意匠において自己の行為に起因する新規性喪失の例外規定(特許法第30条第2項(実用新案法第11条で準 …

[特許/インド]優先権書類、実施報告書に関する特許規則改正

インドにおいて、2020年10月19日、改正特許規則(2020)が施行された。優先権書類に関してPCT規則との …

[特許/ドイツ]特許法改正の動き~差止やダブルトラックの問題に対応~

ドイツでは、特許権侵害訴訟における差止やダブルトラックの問題に対応すべく、特許法改正に向けて動いている。202 …

[特許/米国]実施権者が特許表示を怠ったために訴訟提起前の損害賠償(350万ドル)が認められず

米国では、特許の実施品に特許表示をしなかった場合には、特許権者は損害賠償を受けることができない(特許法287条 …

[特許・意匠/米国]査定系審判における早期審理パイロットプログラム

米国特許商標庁は、2020年7月2日、査定系審判(ex parte appeals)の審理を促進するためのパイ …

[特許・意匠・商標/日本]2020年版特許行政年次報告書が公表される

今年も7月に入り、特許庁から特許行政年次報告書が公表された。国内外の出願動向や特許庁の取り組み等がまとめられて …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2021 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.