私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

例えば、大学新卒(弁理士でない特許実務職、22歳)の場合、初任給はいくらですか?

例えば、大学新卒(弁理士でない特許実務職、22歳)の場合、初任給はいくらですか?

社団法人日本経済団体連合会(日本経団連)の調査結果(2017年10月31日)によると、2017年3月に大学を卒業した技術系の初任給(全産業)は 212,774円でした。
創英は、原則としてこの日本経団連の統計情報をベースに一定額を加算して新卒の初任給を決めており、例えば2017年3月の大卒(弁理士でない特許実務職、22歳)の初任給基準は 263,800円でした。
2018年には創英の業績や社会情勢の変化を考慮して給与改定を行ったことにより、2018年4月現在では、大卒(弁理士でない特許実務職、22歳)の初任給基準は 270,200円となっています。
もちろん、上記の統計数値および創英の初任給基準は全て税込みです。

採用情報 弁理士・特許事務等





採用情報 弁理士・特許事務等

所長のほんやら日記
創英意匠商標部門ぶらぶら日記
京都の特許事務所知財スタッフブログ
福岡の特許事務所知財スタッフブログ
続・DC弁理士ジャーナル
創英IPデータ株式会社
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2019 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.