トピックス

  1. TOP
  2. トピックス
  3. [特許/カナダ]カナダ特許規則の改正
その他各国情報

[特許/カナダ]カナダ特許規則の改正

カナダ特許規則の改正が予定されている。この改正は、カナダにおける特許出願の審査をより効率的に完了することを目的とするカナダ政府の提案に基づくものである。改正案には、超過クレーム手数料の新設、継続審査(RCE)手続の新設、その他の変更が含まれている。

1.超過クレーム手数料の新設
2022年4月現在、クレーム数はカナダにおける特許出願の手数料に影響を与えることはないが、改正案では、以下の内容が新設されている。

  • クレーム数が20を超える場合、超過したクレーム数ごとに100カナダドル(小規模事業体の場合はその額の半分)の手数料が請求される。
  • 超過クレーム手数料の要否が判断されるタイミングは、(1)審査請求時及び(2)特許付与の最終手数料(維持手数料)の納付時である。ただし、審査請求時に超過クレーム手数料が既に納付されている場合には、納付済の超過クレーム数分に関しては最終手数料の納付時には超過クレーム手数料は請求されない。

改正案では、マルチクレームについての追加料金はないとされている。しかしながら、択一形式で請求項が記載されている場合、各選択肢が別個のクレームとみなされるため、超過クレーム手数料の対象となり得る。

2.継続審査(RCE)手続の新設
現行の実務では、審査官は、出願が許可されるか、放棄されるか、又は拒絶されるまで、何度でもオフィスアクションを発行することができる。改正案では、同一出願内で審査を継続するための継続審査請求(RCE)が新設されている。

具体的には、3回目のオフィスアクションの後、審査を継続するためにはRCEを行うことが必要となる。また最初のRCEの後、2回のオフィスアクションごとに、放棄を回避するためのRCEをさらに行う必要がある。各RCEに対する料金は816カナダドル(小規模事業体の場合はその額の半分)である。

3.施行時期・推奨事項等
上述の新たな手数料は、規則が正式に施行された後に審査請求される出願に対して適用される。施行日は最終の改正内容の公表後30日以内である。なお、施行時期はまだ正式には発表されていないが、2022年7月1日までに施行できるように準備が進められているようである。

従って、上述の変更点は、まだ審査請求がなされていない特許出願に影響を及ぼす可能性がある。そのため、出願人が、超過クレーム手数料及びRCEの費用を回避することを望む場合には、できる限り速やかに審査請求※1することが賢明であると言える。また、改正案の規定の適用を受けることとなる出願については、審査請求と共に提出する補正書においてクレームの数を減らすことにより、超過クレーム手数料を軽減又は回避することができる。

なお、例えば、他国で許可を得た上で特許審査ハイウェイ(PPH: Patent Prosecution Highway)を利用してカナダに出願をするという戦略を検討している場合等にはカナダにおける審査の開始を遅らせることにメリットがある場合もある。より具体的には、他国で許可を得た上でPPHを利用した場合、審査期間の短縮につながるとともに、RCEを行わなくても済む可能性もある。さらに、20を大幅に超えるようなクレーム数でない場合には、超過クレーム手数料も問題にならない。したがって、審査請求の時期の検討にあたっては、さまざまな観点から個別具体的に考慮する必要がある。

※1:審査請求期限は出願日(又はPCT出願日)から4年以内。

【出典】
Government of Canada「Canada Gazette, Part I, Volume 155, Number 27: Rules Amending the Patent Rules

ipinformation@soei-patent.co.jp

CONTACT

弊所に関するお問い合わせはWebフォームよりお願いいたします。