私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します

弁理士試験について語る【特設ページ】…BY.「ほんやら日記」の所長H

  • HOME »
  • 弁理士試験について語る【特設ページ】…BY.「ほんやら日記」の所長H

知財の専門家として自分の名前で仕事していこうとするなら、弁理士資格を取得することが必要になります。弁理士資格を取得する最もポピュラーな方法は、毎年1回行われる国家資格試験(弁理士試験)に合格することです。この試験は、短答式、論文式および口述式の3ステップからなり、いわゆる難関試験の一つです。
私は、3年間の受験勉強を経て1981年の弁理士試験に合格しました。その後の20数年間は、弁理士稼業の傍らで受験指導の講師として、いわゆる“受験界”と深く関わってきました。受験界から足を洗ってから数年以上過ぎて、本試験の試験委員も経験しましたので、その筋のことは相当に詳しいと自負しています。

弁理士資格を取得して、有能な弁理士となって社会に貢献していきたい…そのような思いで、必死に頑張っている弁理士志望者の勉強に役立つことを願い、私なりに「役に立つ」であろう話をしていこうと思います。
全体の構成は、次のようなものです。毎週1回のペースで、コンテンツを一つずつ追加していきます。

プロローグ

私自身の弁理士“受験界”および本試験との関わり
2018/8/23公開

第1部 王道を行く弁理士試験勉強法

第1部は、第1話から第6話で構成されます。週一回のペースで、各話をアップロードします。
第1話.①長期戦は避けて、②苦労や犠牲は最小限にして、③最後には必ず合格する勉強法
2018/8/27公開
第2話.初学者は基礎/初級講座の門を叩くべし
2018/9/3公開
第3話.基礎/初級講座を卒業したら独習ベースにすべし
2018/9/10公開
第4話.中級者は青本を繰り返し通読すべし
2018/9/17公開
第5話.弁理士試験の天王山は短答? 論文? それとも口述?
2018/9/24公開
第6話.短答式を制する者は弁理士試験を制する! 
2018/10/1公開

第2部 短答・論文・口述式試験対策各論

第3部 受験生活を乗り切り、不合格を乗り越える

第4部 弁理士を志望している方に「本音ベース」で贈る言葉

知的財産(知財)の仕事に興味を持ち、弁理士という国家資格にチャレンジすることを考えている方に、いくつかアドバイスを差し上げます。本音ベースで申し上げますので、耳障りに感じられる方もいらっしゃると思いますが、どうかご容赦ください(悪意はありません)。

私は、弁理士として36年間(2018年現在)にわたり仕事してきました。最初の4年間は都内の老舗・大手特許法律事務所の勤務弁理士として、その後の32年間は創英(および前身事務所)の所長弁理士としての立場でした。
弁理士の仕事の主なステージには、特許事務所のほかに企業がありますが、日本弁理士会の統計によると事務所勤務・経営の弁理士は全体の8割弱、企業勤務は2割強となっています。そこで、弁理士のメジャーな職場であり、かつ、私自身が体験してきた特許事務所の弁理士の立場から、弁理士を志望されている方にアドバイスを差し上げます。

このコンテンツの構成は、以下の通りです。
++++++++++++++++
緒言.弁理士資格を取得する価値は、いかほど?
第1話.知的財産および知的財産制度の将来性
第2話.弁理士の仕事と、その将来性
第3話.人工知能(AI)時代における弁理士資格の価値(前編)
第4話.人工知能(AI)時代における弁理士資格の価値(後編)
第5話.弁理士としての適性
結言.ホンモノになれたなら、弁理士としての将来は明るい!

緒言.弁理士資格を取得する価値は、いかほど?
2018/10/8公開
第1話.知的財産および知的財産制度の将来性
2018/10/15公開
第2話.弁理士の仕事と、その将来性
2018/10/22公開
第3話.人工知能(AI)時代における弁理士資格の価値(前編)
2018/10/29公開
第4話.人工知能(AI)時代における弁理士資格の価値(後編)
2018/11/06公開

エピローグ




所長のほんやら日記
創英商標部門ぶらぶら日記
京都の特許事務所知財スタッフブログ
福岡の特許事務所知財スタッフブログ
続・DC弁理士ジャーナル
創英IPデータ株式会社
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2018 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.